こどもの治療例
(小学生まで)

  • 【8歳女児】前歯でものが咬めない(開咬)

    〖主訴〗:前歯でものが咬めない
    主症状:開咬、舌突出癖
    初診時年齢:8歳 女児
    動的治療期間:2年
    治療内容:舌の癖が強かったため、MFT(筋機能訓練)がとても重要な症例でした。拡大床装置(タングガード付き)を用いて舌の突出を防ぎながら歯列の拡大を行い、永久歯の萌出スペースを確保し、前歯の咬み合わせの改善のためマルチブラケット装置とゴムを使用して治療を行った症例です。
    治療費(税別):矯正費35万円 毎回の処置料3,000~5,000円
    治療におけるリスク:歯を動かす矯正力による歯の痛みを感じることがあります。装置の使用時間の不足や舌の訓練をしっかりと行わないと治療結果に影響が出たり、舌の癖は後戻りの原因となるため注意が必要です。また、歯ブラシが不十分な場合に虫歯や歯肉炎の危険性があります。

  • 【7歳女児】歯の隙間、出っ歯

    〖主訴〗:すきっ歯と出っ歯が気になる
    主症状:正中離開、上顎前突
    初診時年齢:7歳 女児
    動的治療期間:2年6ヵ月
    治療内容:前歯の隙間と突出改善のため、可撤式床装置とマルチブラケット装置を使用して治療を行った症例です。また、前歯の突出を軽減のためにヘッドギア装置を夜間使用を指示し、口輪筋の力が弱いタイプであったので、MFT(筋機能訓練)を行いながら治療を行いました。
    治療費(税別):矯正費35万円 毎回の処置料3,000~5,000円
    治療におけるリスク:歯を動かす矯正力による歯の痛みを感じることがあります。装置の使用時間が不足していると治療結果に影響が出るので、患者さんの協力度が重要になります。また、歯ブラシが不十分な場合に虫歯や歯肉炎の危険性があります。

  • 【8歳男児】歯の凹凸、すきっ歯

    〖主訴〗:すきっ歯と歯の凸凹が気になる
    主症状:正中離開、叢生、舌突出癖
    初診時年齢:8歳 男児
    動的治療期間:約2年
    治療内容:拡大床装置を用いて歯列の拡大を行い、永久歯の萌出スペースの確保を行いました。また、前歯の隙間と凸凹改善のためにマルチブラケット装置を使用して治療を行った症例です。また、舌の癖があったため、MFT(筋機能訓練)を行いながら治療を行いました。
    治療費(税別):矯正費35万円 毎回の処置料3,000~5,000円
    治療におけるリスク:歯を動かす矯正力による歯の痛みを感じることがあります。装置の使用時間の不足や舌の訓練をしっかりと行わないと治療結果に影響が出たり、舌の癖は後戻りの原因となるため注意が必要です。また、歯ブラシが不十分な場合に虫歯や歯肉炎の危険性があります。

  • 【7歳男児】上の前歯が出てこない

    〖主訴〗:上の前歯が出てこない
    主症状:上顎右側中切歯の埋伏・萌出異常
    初診時年齢:7歳 男児
    動的治療期間:2年4ヵ月
    治療内容:上顎前歯の埋伏と萌出方向の異常を認めた症例です。外科的処置により埋まっている歯を露出させ、その後マルチブラケット装置などを用いて引っ張り出し、歯並びを治した症例です。
    治療費(税別):矯正費30万円 毎回の処置料3,000~5,000円
    治療におけるリスク:埋伏歯は歯根の成長が途中で止まってしまったり、力を加えても動かない場合もあります。また、歯肉の高さが正常歯(隣の歯など)と合わないこともあります。
    その他、歯ブラシが不十分であると虫歯や歯肉炎を起こすことがあります。

  • 【8歳女児】前歯が咬み合わない。舌が出てくる

    〖主訴〗:前歯が咬み合わない。舌が出てくる。
    主症状:開咬、叢生、舌突出癖
    初診時年齢:8歳 女児
    動的治療期間:約2年
    治療内容:舌の癖を直す訓練(MFT)を行いながら、舌突出を防止するタングガード装置や拡大床装置、前歯の凸凹改善のためにマルチブラケット装置を使用して治療を行った症例。
    治療費(税別):矯正費32万円 毎回の処置料3,000~5,000円
    治療におけるリスク:装置の使用時間の不足や舌の訓練をしっかりと行わないと治療結果に影響が出たり、舌の癖は後戻りの原因となるため注意が必要です。また、歯ブラシが不十分な場合に虫歯や歯肉炎の危険性があります。